自然栽培みそ 未来

無農薬・無肥料の自然栽培の原料だけで作った全国的に珍しいお味噌です。厳選された大豆、米、塩とマルカワみその自家製の蔵付き麹菌で作りました。

生産者紹介

生産者
マルカワみそ
生産品目
味噌
生産地域
福井県越前市
お届け期間
一年中
こだわり

全国でも珍しい、木の桶を使った国産の味噌を作っています。


自然栽培みそ 未来(400g)

自然栽培みそ 未来(400g)

※取り扱い期間外はご予約注文となります。
※野菜などの農産物の場合、生育状況や天候等の諸事情
により欠品や発送が遅れる場合がございます。このため
皆様にはご迷惑をおかけする場合があると思いますが、
ご理解下さりますようお願いします。

小麦 蕎麦 落花生 エビ カニ
販売状況 一年中
ご注文数
生産者 マルカワみそ
生産地域 福井県越前市
賞味期限 7ヶ月(直射日光を避け、冷暗所保管)
こだわり 肥料も農薬も使っていない無肥料・
自然栽培のお味噌です。
内容量 400g
塩分濃度 12.5 %
麹歩合 17 歩

自然栽培みそ"未来"に必要不可欠な材料

自然栽培みそ未来に必要不可欠な材料1
無肥料・自然栽培を30年以上されている秋場さんが作る大豆

「未来」に使われている大豆は北海道の秋場和弥さんが育てている大豆を使用しています。秋場さんは北海道の広大な大地で農薬や肥料成分を与えない自然農法で作物を育てています。『環境を守り、人の命と健康に資するという農家の道義心の下、未来の子供達へ安全で美味しいものを提供することが農業者の義務責任』という想いで自然農法に取り組んでおられます。そんな秋場さんの大豆は非常に良質で自然の甘みが強いのが特徴です。
自然栽培みそ未来に必要不可欠な材料2
自然の恵みと土の力で育ったササニシキ

麹も大豆と同じく、自然栽培で育てた宮城県のササニシキを使用しています。お米を育てているのは愛娘のアトピーをきっかけに自然栽培を始めた成澤さん。無農薬・無肥料で尚且つ稲刈りなどの際は機械などを使わず全て手作業でされているなど手間暇をかけて作られています。おかげで成澤さんの作るお米は全国のお米の品評会で何度も受賞されています。そんな成澤さんのお米からできた麹はいつも生命力が豊かでお米一粒一粒が輝いているように見えます。
自然栽培みそ未来に必要不可欠な材料3
自然の太陽熱だけで作られた塩田結晶塩とキパワーソルト

塩は韓国の離れ小島にある場所から海水を引き込み、それを結晶させてた『塩田結晶塩』、その塩を焼成させた『キパワーソルト』の2種類を使用しています。それらの塩は、塩田に海水を引き込み、太陽の熱だけで塩の結晶を作る伝統的製法で作られています。非常に良質で味噌にしたときの相性も抜群です。

自然栽培みそ 未来を作り上げる伝統技術

自然栽培みそ 未来を作り上げる伝統技術1
昔ながらの木桶で味噌を仕込む

味噌を仕込む際は、昔ながらの木桶を使います。最近の味噌作りは昔ながらの木桶よりも安価でメンテナンスがしやすいステンレス製などが主流になってきました。
醗酵食品は麹菌(別名:コウジカビ)というカビが働いてくれて、味噌になります。ステンタンクやホーロータンクで味噌を仕込むと菌は洗浄するときに住み着くことなく流れてしまいます。しかし木桶は木の繊維質の隙間から菌が住み着き、住み着いた菌のお陰でより美味しく個性的な味噌ができるのです。
自然栽培みそ 未来を作り上げる伝統技術2
独自の蔵つき麹の技術

マルカワみそでは味噌蔵の空気中に存在する麹菌を自家採取する技術を持っています。古くから麹の製法は穀物原料に自然に生えてくる天然の麹菌を利用した『自然種付け法』という方法で、昔はどこの蔵元でも自家採取が当たり前でした。けれど非効率的という理由から、化学的に培養された麹菌を業者より購入して味噌を作るところばかりになりました。
マルカワみそでは、昔ながらの個性のある味噌を作りたいという想いから、種麹菌を自分の味噌蔵から自家採種して味噌作りをしています。大変手間と時間がかかる作業ではありますが、その分他にはない上質で美味しい味噌を作ることができます。
自然栽培みそ 未来を作り上げる伝統技術3
こだわりと伝統を受け継ぐ天然醸造

昔ながらの味噌作りは、味噌に加温をしない、指定された添加物を使わず約一年寝かせて作る天然醸造と呼ばれる製法を行っていきました。しかし戦後から大量生産をするために味噌を強制的に発酵する方法(温醸法)が主になっていきました。この方法は大量生産出来る上にコストを安く抑えることができますが、味噌本来の質や香りが劣ることも多々あります。
マルカワみそでは大正三年の創業時以来、ずっと天然醸造という昔ながらの製法を守り続けています。手間と時間をかけて作った味噌はどれも味噌本来の香味と香りが楽しめます。

ギフトで複数(10件以上)発送予定のお客様へ

ご依頼者様の●お名前 ●郵便番号 ●住所 ●電話番号 ●FAX番号
お届け先の●お名前 ●郵便番号 ●住所 ●電話番号 ●FAX番号 ●商品名 ●数量 ●お届け希望日 ●時間 ●お支払方法(代引き・銀行振込) ●のしの種類(祝・お中元・お歳暮)を
「メール(ワード・エクセル可)」または「ファックス」にてお送りください。
その後、お見積りをメールまたはファックスにて送信いたします。
お見積り内容を確認後、ご入金をお願いいたします。
心のこもったギフトを大事なお客様へ配送させていただきます。