引き出物 [通な市場]

大切な引き出物に、ラッピングの対応をしております。お好きな柄をお選びください。
また、包装紙は引き出物と別々でお送りする事もできます。その場合は注文画面内にある備考欄へご記入ください。

引き出物に関するマナーや、知っておくと役に立つ知識をご紹介いたします。

品物を選ぶ時間、また準備に時間がかかる場合(手作りやラッピング)など考慮し、約6ヶ月前に探し始めるといいでしょう。また、両家のしきたりや意向なども先に確認しておくとスムーズに進みます。

一般的には、引き菓子や縁起物を添えて5,000円ほどが多いようです。とはいえ決まりはありませんので、感謝の気持ちが伝わるようにじっくりとお選びください。

多いのは、食器類。ですが、最近では年齢問わず誰からも喜びやすい食品を選ぶ方も多いようです。刃物類は「切れる」というイメージから敬遠されがちですが、「未来を切り開く」として好まれる地域もあります。地域や両家の意向を踏まえてご相談してみるのも重要です。

列席していただく感謝の気持ちを、贈る世代・性別・家族構成も吟味した上で相手の立場になって選ぶと良いでしょう。最近では、贈り分けをする場合も多いようです。遠方から列席する場合、帰りの荷物が多いとかえって負担になてしまう場合があるからです。

披露宴や二次会後のお見送りでお渡しするプチギフト。相場はだいたい200〜500円程です。スイーツや雑貨、実用品など様々なバリエーションが存在します。ラッピングなどセンスの見せ所です。

結婚式の準備開始から、引き出物と内祝いのおおそよのスケジュールです。

引き出物のよくあるご質問をまとめました。

引出物の予算はどれくらい?

4,000〜6,000円程が相場です。基本的には1世帯に1つお贈りします。

引出物を選ぶ際のポイントは?

地域の風習や両家の意向を参考に相談して選ぶと良いでしょう。遠方から列席する方が多い場合、重い物などは避けたいところ。

どのような品物が喜ばれるのでしょうか?

あまり個性的なものよりは、シンプルで家にあっても困らない物や、実用性のある物が喜ばれやすいです。

贈り分けとはなんですか?

ゲスト別に引出物の内容を変えて贈ること。年齢層や独身者、既婚者などに合った品物を贈ることで喜ばれやすいです。

贈り分けの注意点はありますか?

基本的に同じ袋を使用するので間違いがないように。会場スタッフと、事前の打ち合わせをしっかりしましょう。

夫婦で出席されるゲストは、引き出物を2つ用意した方が良いのでしょうか?

基本的には1世帯に1つお贈りします。